3回目の見舞金を持って糸魚川市を訪問。

いよいよ開発に入れる段階まで、きたようで明るいお話を聞くことができました。

日本全国、災害で苦しんでる方々がたくさんいらっしゃいます。
ニュースになっている時は、たくさんのサポートを受けられても、メディア発信が無くなると情報が風化してしまう。

現場では苦しんでいる人や街がまだ懸命に頑張っている。

絆というキーワードを耳にすることが多い今の日本で、自分も含め心の在り方を考えるきっかけを頂いたと思っています。

糸魚川市大火災からのスピード力ある市と市民の努力に少しですが、協力させて頂けたこと、たくさんの学びをいただきました。

引き続き出来ることで、微力ながらお手伝いをしていけたらと思います。